ボロ市
大のおとなが小学生並みの生産性のない日記と、それに輪を掛けてくだらない音源を全世界に発信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

チェーンメール



Music Batonというものをニクタイカイゾウのウルフルートさんからいただいたと思ったら、La Bluzuのベーシストgoatman氏からも回してもらっているようです。



Musical Baton(ミュージカルバトン)とは、海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の 5 人を選びその人にバトンを渡す、というルール。







めずらしく乗り気なのでやってみるとします。









◆Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)



概算で300GBほどです。


ゲームボーイではなくギガバイトです。


6割強はサプリングしたWAVEファイルです。






◆Song playing right now (今聞いている曲)



新ウィーン楽派の音楽が好きで、学校でもレッスンに持っていっているのでグレン・グールドが弾くアルバン・ベルクのソナタOp.1をループして聴いています。





◆The last CD I bought (最後に買った CD)



An Anthology of Noise and Electronic Music Vol.3 1952-2004



タイトル通り、ノイズと前衛音楽の歴史を収めたコンピレーションアルバム。






◆Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)




あまりにもマイナーなものは避けて書きます。



この組み合わせに素直に笑えるかたは、自分が度を越えた音楽マニアであることを再認識して深く反省すべきです。






・Aphex Twin(Richard D. James) : Selected Ambient Works 1985-92  


これは曲単位で聴くものではないので、アルバム丸ごと。
今やテクノ・ミュージック界の重鎮となっているリチャード・D・ジェームズの1stアルバム。
1992年当時未開拓だったジャンルを、アンビエント・テクノやエレクトロニカまで一気に広げた名作。
全体を通して「仕事が丁寧」という印象が強く、普段のぶっ飛んだ行動とのギャップがまた小憎らしい。




・Vladimir Horowitz : メンデルスゾーン「結婚行進曲」による変奏曲


ウラディーミル・ホロヴィッツは「ロマン派の残り火」として歴史的にも偉大なピアニスト。
この曲が、学校で「ヴィルトゥオーゾ・ピアノ研究会」に入る切っ掛けとなった。
アカデミズムから逸脱したパフォーマンスとしてのピアノがこれほど素晴らしいものだと気付かせてくれた1曲。
僕のハンドルネームもこのホロヴィッツへの憧れからこんな読みづらいものになった。





・Steve Reich : Music for 18 Musicians(1976)


ミニマル・ミュージックの提唱者であるスティーブ・ライヒの70年代の集大成ともいえる作品。
絶え間ないパルスと息の長い管弦楽でフラクタル的アーチ構造をつくる。
管楽器と女声が起こす波とマリンバの冷たい響きの音価と音色の対照が心地よい。





・Deep Purple : Burn


誰でも一度は耳にしたことがあるであろう有名曲。
メンバーをクビにするのも、ライヴ中にテレビカメラにギターを突き刺すのも、全てが気分。
そして即実行。
ロックってそういうものなんじゃないかなあと考えさせられる。
イントロのリフは今なお世界一のダサかっこよさを誇っていると思う。





・La Bluzu : カレーパン


ファンク・ミュージックの若き天才、坂田雄輝によるカレーパンの歌。
この曲から僕のウキウキバンドライフが始まったと言っても過言ではない。







◆Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)




もう何と言えばいいだろう、自分の友達の少なさに本当に、本当に驚きます。




もし書くネタに困った方がいらしたらぜひコメントなりメールなりくださいな。
スポンサーサイト

コメント

いや、普通にうれしいしwww
【2005/06/26 01:51】 URL | 雄輝@La Bluzu #-[ 編集]
遅ればせながらこちらにリンク張らせていただいてもいいですか?残念ながら私のとこにはすでに「チェーンメール」回って来ちゃってますが。
【2005/06/26 13:49】 URL | ぽむ #-[ 編集]
>雄輝@La Bluzuさん
楽しくってしょうがないですホント

>ぽむさん
リンク是非よろしくおねがいします。
こちらにも貼らせて頂きます。
ペタッと。
【2005/06/26 22:27】 URL | Author:tarowitz #-[ 編集]
こんにちは。初めまして。「音楽狂日記」の管理人TAKAです(^^)
先日はHPの掲示板にカキコありがとうございました♪

ホロヴィッツ好きなんですね。
自分はピアニストとしてはあまり好きではありませんが、編曲作品はとても魅力的だと思ってます。
「星条旗よ永遠なれ」が一番好きです(^^)どうしても真ん中の部分が弾けません(××)

アルバン・ベルクのソナタOp.1も良いですよね♪レッスンの先生が今弾いてるとの事でちょこっと聞かせてもらってはまった曲です(笑)
【2005/06/27 08:58】 URL | TAKA #9rjWiv8.[ 編集]
>TAKAさん
「星条旗よ永遠なれ」は、主旋律を両手の親指で交互にとりながらティンパニーとピッコロを跳躍で鳴らすところで、どうしてもそれぞれの声部が出せずに挫折しました。

それはそうとTAKAさん、せっかく「音大生ブログ」近々コラボ音源制作でもやりませんか?
【2005/06/27 12:33】 URL | Author:tarowitz #-[ 編集]
そうそう、そこかなり難しいですよねぇ...自分はそこであきらめました(苦笑)自分の先生曰く、ホロヴィッツは生で聴くのが良いとのことです。
でももう聴けないですよねぇ(笑)

「コラボ音源制作」楽しそうですね。是非やってみたいです。
【2005/06/27 21:54】 URL | TAKA #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

tarowitz
  • Author:tarowitz
  • 誹謗中傷は下記のアドレスまでお願いします。

    mataro@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • Lgnkjtcx(02/20)
  • 神崎潤(わるい)(02/03)
  • まさひと(01/29)
  • おばらん(01/29)
  • O∴EL(12/01)
  • O∴EL(11/16)
  • K(11/14)
  • 高橋SOUL大臣(11/10)
  • masahito(10/27)
  • JIN(10/27)
  • いき涼(08/03)
  • てっぺい(06/23)
  • 鈴五郎(06/22)
  • りょうりん(06/22)
  • O∴EL(05/22)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。