ボロ市
大のおとなが小学生並みの生産性のない日記と、それに輪を掛けてくだらない音源を全世界に発信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

投げっぱなしジャーマン


「なんでもないコラム」を書いているときいつもこうなる。


20050407000926.jpg

スポンサーサイト

僕の生まれも千代田区





考えたことをそのまま書き殴る。




思いついたネタは10分以内に録音を終える。




自分の中でくだらなさが薄れないうちに。




そんなジャンク感丸出しのブログ。






だからボロ市























それにしても、エレガントだなぁこれ。


20050528211706.jpg



アニメ再放送(深夜枠)

のび太が泣きながら階段を駆け上がってこう言う。



「ドラえもーん!ジャイアンがいじめるよう!」






「沈めてきなよ~」


と、がたいの良いお兄さん数人と粉セメント、そして札束を腹の袋から出すドラえもん。









のび太が泣きはらした目で遠くを見つめながらこう言う。


「ドラえもん!愛がほしいよ・・・。」







「これで買えるよぉ」


と、ご自慢の4次元ポケットから福沢諭吉のブロマイドを取り出すドラえもん。





いつも最後はお金で解決。



「~、プライスレス。」


で締め。








あまり多用すると札束でほおを叩かれる。












バター犬(愛)とシンナー(勇気)だけが友達のあのヒーローも再放送。




焼き上がり具合や外気、湿度など、力を出せる状況が非常にシビア。



ヒーロー超気分屋。




そもそも自分の頭を分け与えないで、プレゼント用の生首を持っておけばいいのに。





毎回ヒーローの首がもげるアニメというのはある意味斬新で良いと思うが。




シンナー男の戦いの跡には彼の首がゴロゴロ。



今日見つけたタフな香り



つけた香水の持続時間について



















   オーデコロン


     ↓


   オードトワレ


     ↓


  オードパルファン


     ↓


    青ネギ


     ↓


   パルファン



肥大してゆく先入観



僕が愛して止まない人から、


「今日バイト先に外国人が来てて、出した料理の作り方聞かれてわからなかったから適当にウソ教えといた。がんばってメモしてたよ。なんとかゴーン氏(?)に似てたけど、やっぱ名前マイクとかジョンとかなのかな?」


という突っ込みどころ満載なメールがきた。








家に着き、意気揚々とキッチンに向かい、懸命に言われたとおりのレシピでもって料理をするカルロス・ゴーン。



メモの「出来上がり」に近づくにつれ、手のひらを上に向けたり首を傾げる回数が右肩上がりに増えてゆくカルロス・ゴーン。



まぁこれはないだろうなと薄々感じながらもとにかく最後までやり通すも、皿の上にふてぶてしく鎮座する異形の物体を目の前にするカルロス・ゴーン。



それを見るや否や烈火のごとく怒り狂い、すぐさま愛車(日産)を駆り店の駐車場にドリフトをきめるカルロス・ゴーン。



ドアを蹴破り店に入るも、袴を身にまとう機転を利かせた店長を見て「オ~ニンジャ!」と、一転して笑顔で店長がなぜか握る寿司をほおばるカルロス・ゴーン。






こんな妄想をしながら一人でニヤニヤしていたら一日が終わった。










だからセイン・カミユが流暢な日本語でノリツッコミなどしだすと、何とも居たたまれない気持ちになる。

夜中だろうがけたたましいサイレンと共に


救急車の中隊員が、横たわって動かない父親の体に訳のわからない器具を必死の形相で装着している。



青年はただ唖然としてその光景を眺めている。






これが父との最期の思い出になることはもう成人した彼にはわかっていた。










キャッチボールをして次の日、筋肉痛を必死で隠そうとする父。



新しく買った車の自慢を何度もする父。



何があっても「大丈夫!」が口癖だった父。






様々な過去の出来事が青年の頭の中でフラッシュバックする。
(↑音源です)






昔から常に強がっていた父が今そこでその生を全うしようとしている。








様々な命のドラマを乗せて、今日も僕の前を救急車は通り過ぎてゆく。















ドップラー効果で。



要はこれとプリペアドピアノの音が出したかった。



ぜひ広域をカバーするアンプとスピーカーで聴いていただきたい。











まぁ実際の救急車は、人様に迷惑かけっぱなしの酔っぱらいが車内で暴れていたりするのが大半だ。

声高に堂々と減酒減煙




健康診断結果なる一通の手紙が届いた。



「ぜい弱だが健康」で通っているこの僕だ、


どれどれ身長は伸びたかな?

赤血球はいくつあるのかな?


と、他人の結果を見るような軽い気持ちで眺めていた。



血色素量 15.6 g/dl
血圧   156 / 88



あぁ数値がちょうど10倍だ、これが今日一番の幸せな出来事になるんだろうなと思いながらふと右の欄を見ると、


血圧判定 経過観察(12ヶ月)


と、ご丁寧に青字で印刷されてある。




同封の説明には


♪心臓は体内に血液を送り出すポンプです。この血液を送り出す時に血管の中に加わる圧力を血圧といいます。

♪高血圧は、動脈硬化をはじめとする様々な病変を引き起こします。


この倦怠感丸出しの8分音符、すごく腹が立つ。




この結果が届いたのは月曜日のことなのだが、「糖尿病」という高血圧とは全く関係のないニックネームで僕を呼んでくれる人が早くもでてきているので、少し生活改善をしてみようと思う。





毎晩の晩酌を止める。



タバコは1日1箱まで減らす。





来週まで維持できなかったら切腹。


ファンタスティック仏教

先日、高尾山に登る機会があったのだが、山頂付近の薬王院という寺院に差し掛かった際、大きな字で


「十善戒」


という名の戒律が貼り出してあった。




全部しっかり守っていたら相当不器用な人間になること間違いない規律なのだが、その中の6つ目に「不悪口(ふあっく)」という内容がある。




汚い言葉を言うなといいながらファック。



躁鬱症的なギャップが70年代パンクの香りを醸し出していてステキだ。




これも。





「バーチャル」と「霊園」の組み合わせが秀逸。




彼らはもう23世紀を見ている。




こういうことを平気でやってしまうような坊主がベンツを乗り回しているのだから、僕も4年生で56単位の取得を義務付けられるわけだ。







不悪口。

ジェイソンの休日






3日前の大暴れとはうってかわって


20050515230612.jpg









-------------------------------------------------------










先日はたくさんのコメントありがとうございました。



たいへん励みになります。



これからもボロ市をよろしくお願い致します。


竹屋が竿竹を売っている。





あのやかましい車が同時に2台も来た。


縄張りがあるという話は嘘だったんだろうか。


なにをユニゾンしているんだまったく。


せめて伴奏ぐらい付けよう。








ピアノ版




晴れの日はこんな感じ



雨に打たれ



そして虹







KurzweilのK2661とRolandのV-synthを、KorgのD16XDに「モノラルで」突き刺す感じで仕上げた。


ぽっかりと空いたRのミックスアウトと宙ぶらりんの赤いジャックが寂しげだ。


あっちでシールド買ってこよう。


ドラム以外はすべてリアルタイム。


ボロ市の音楽はこういう低レベルなコミュニケーションを目的としています。







----------------------------------------------------------






明日から15日まで、ボストンのバークリー音楽大学へ行ってきます。


端末がない可能性があるので更新が滞るかもしれません。



ブログランキングは右上、プロフィールの中に追加しました。


帰ってきて票が0になっていたりした日には尋常でないへこみ方をすると思うので、時々ポチポチ押してもらえると嬉しいです。



スポーツもすばらしい



ジュオウ装着後。

パワーストーンの1260倍もの超波動エネルギーが出ているのがわかる。



20050430191158.jpg





ノスタルジー




「万豚記(まんとんき)」



八王子駅から5分ほど歩くと(地方都市にはよくあることなのだが)人通りや町並みがガラリと変わり、どこでもドアを通り抜けたような感覚にとらわれるとすぐに、僕が高校生のころ頻繁に通っていたその中華料理屋が目に入る。



先日八王子に行く機会があったので、久しぶりに覗いてみた。



店に入ると威勢良く

「いらっしゃいしぇー!!」

と響き渡る店員の声。



あぁこの独特の訛り、あの店員だ。


ビザ、というか日本の警察機構はいったいどうなっているのだろう。




日本では語尾に「~アルヨ」や「~ネ」をつけるんだよと教え込み、日本人によるゆがんだ中国人像を彼に押しつけていたのを思い出した。


当時から何も変わっていない自分とその店を目の当たりにして、色々な意味で涙が出そうになった。




テーブルとのバランス、高さ、固さ、どれをとっても最低なイスに腰掛け、メニューを開く。



内容が少し変わっている。


トマトのサラダ?


漢(おとこ)の店、万豚記がなにを小洒落たものを置いているんだ、と思い頼んでみる。



すると出てきたものは、雑に切ったトマトにゴミのようなタマネギを塗し塩ドレッシングをかけただけのお粗末な料理。





これは洗礼だ。



こんなナヨナヨした料理を期待するやつはこれでも食らえとばかりの。



万豚記を一瞬でも疑ってしまった自分の浅はかさ深く反省して伝説のメニュー、牛バラ青菜チャーハン大盛りを頼む。




今は裏メニューになっているらしい。






待つこと数分、風呂桶と見紛う程の大きさの皿にこんもりと盛られたチャーハンの丘に、レンゲより巨大なステンレスのスプーンが突き刺さった物体が僕の目の前に。





チャレンジメニューなどと謳われてはいないのは、

「漢(おとこ)は皆チャレンジャーだから」

というところに理由があるのだろう。








約4年ぶりに見るその迫力に動揺しながらも、持ち手の形がすべてバラバラな巨大スプーンを適当に、本当に適当に洗う店員の姿を見て心を落ち着かせて食べ始める。








この味だ。







これから先どんなに高級で美味しいと云われる料理を食べたところで、決して失われないであろうこの漢(おとこ)の味。









こういう泥臭さというのはなかなか狙って作れるものではないなと感銘を受けた。








------------------------------------------------------










全く関係ないのだが、ブログランキングなるものに参加をしてみた。


下の文字を1日1回クリックするとポイントが加算されるらしい。



ワンクリックで救われる管理人がいる。

罰ゲームか何かだと信じたい





某ドラッグストアにて。





野球部と思われる頭を丸めた筋骨隆々の男子高校生がヘアワックスを真剣な面持ちで選んでいた。





最近の子は野球部といえども見た目に気を遣うんだなと感心しながらしばらく眺めていると、彼は店員を呼び、何を聞くのかと思えば










「これパール入ってますか?」



「あ、じゃあこれはパール入ってます?」



「あ~だとこれはパール入ってないんですね」









店員も半笑いになるほど「パール」をビシビシ投げ込む。




彼がツヤを出したい気持ちもビシビシ伝わってきた。


















だが、君の髪では真珠は輝かない。




PROFILE

tarowitz
  • Author:tarowitz
  • 誹謗中傷は下記のアドレスまでお願いします。

    mataro@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 04 | 2005/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • Lgnkjtcx(02/20)
  • 神崎潤(わるい)(02/03)
  • まさひと(01/29)
  • おばらん(01/29)
  • O∴EL(12/01)
  • O∴EL(11/16)
  • K(11/14)
  • 高橋SOUL大臣(11/10)
  • masahito(10/27)
  • JIN(10/27)
  • いき涼(08/03)
  • てっぺい(06/23)
  • 鈴五郎(06/22)
  • りょうりん(06/22)
  • O∴EL(05/22)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。